頭をやわらかく税金支払い

税金のあれこれ!

税金を安くする方法とは

何かしらの収入があった場合は、ほとんどの場合、税金の対象となってきます。
しかし、通常サラリーマンであれば、働いている勤務先の収入しかないのであれば、会社が変わりに収入申告してくれるので、特別心配する必要がありません。
それ以外の自営業者やサラリーマンの中でも他に勤務先以外でも収入がある場合は、確定申告をする必要性が出てきます。
このような場合、当然税金はある程度支払う必要性が出てくるかもしれませんが、少しでも税金を安くする方法があります。
その方法としては、申告の仕方を複式簿記を使った青色申告で行うという方法があります。
複式簿記というと難しいイメージがあるかもしれませんが、最近では専用ソフトがありますから、収入とそれにかかった経費を入力するだけで、簡単に計算をしてくれます。
この方法で申告することによって、65万円の控除を受けることができるので、税負担を軽減させることができるようになります。
その他にも、経費をうまく計上するということが大事になってきます。
自分でも意外な部分で経費がかかっている場合がありますから、税負担を少しでも軽くするために、経費として落とせる部分は落とせるようにしておくと良いでしょう。

税金の制度はタックスミックスが大事

税金にはいろいろな種類がありますが、それぞれに基本思想の違いによる特徴や計算技術的な特異性があります。
国税の代表的な税目としては、所得税、法人税、消費税、そして相続税や贈与税などが挙げられますが、その特徴は何を課税対象としているかという点と、どんな対象者からどの程度の税金をとって国家財政の歳入につなげ所得再分配等の機能を果たさせるかという点でみていくと、それぞれの違いが浮き彫りになります。
所得税は、個人単位の儲けに相当する所得が大きいと税率が高くなるという超過累進税率を採用しており、所得の再分配機能が強いと言われています。
一方、法人税は法人単位で課税されていますが、所得税と同じく法人の儲けに対して課税しながらも税率は比例税率を採用しているという違いがあります。
また、相続税や贈与税は、財産を対象として課税する税ですが、相続税がベースとなっていて贈与税はその補完的な位置付という関係になっています。
さらに物やサービスを消費した場合に課税される消費税については、規模の小さい免税事業者は除き、法人も個人も等しく購入した金額(担税力)に比例して税を負担する方式がとられています。
税制は性格の違うこれらの税をうまく組み合わせることで適正な課税を目指しています。
これをタックスミックスと呼んでいます。

Valuable information

御茶ノ水 美容院
http://www.azest-az.com/

新座 新築
http://taisei-jutaku.jp/shiki/

佐々木理数塾
http://www.vapoterie.com/

品川区 歯科
http://chino-dc.com/

アイスコーヒー 送料無料
http://www.katocoffee.net/item/1824.html

クレカ現金化
http://greenetvert.org/

ホームページ制作 埼玉
http://b-associates.biz/

三軒茶屋の美容院
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000141168/

Last update:2016/8/9

『税金』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/czt82ydv/public_html/sigmafoca.info/index.html on line 63

Copyright © 2015 頭をやわらかく税金支払い All Rights Reserved.